サプリアドバイザー

日本でもさらに需要が高まっているサプリアドバイザーの必要性

今ではサプリも、日常の生活の中にすっかり馴染んでいます。
しかし、無数に存在するサプリの中から、自分の体質に合うものを探すのはなかなか大変です。
特に、栄養学などの知識がない方にとっては、適切なサプリメント選びは難しいでしょう。
そこで活用したいのが、サプリのアドバイザーの存在です。

 

 

サプリメントアドバイザーとは

 

サプリや健康食品などの選び方や効果的な摂取方法を、的確にアドバイスしてくれる専門家になります。
厚生労働省は2002年、「保健機能食品などに係るアドバイザリースタッフの養成」に取り組みました。
同時に、それに関するガイドラインを発表しました。

 

多種多様化する、保健機能食品が流通する日本ならではでしょう。

 

消費者が、その食生活や健康状態に合わせた食品を、安全で適切に選び出し摂取する必要があります。
そのためには、それらについて正しく理解し、適切な情報を提供できるアドバイザーが欠かせません。

 

 

アメリカでの現況

 

アメリカでは、高額な医療費問題があります。
そのため、自分の健康は自分で守るという意識が根強くあります。
サプリメントに関する理解や知識は、国民それぞれに浸透しているのです。

 

膨大なサプリメントの中から、自分にあった栄養素を選択して、日常生活の中で普通に摂取しています。
そして、自分自身の美容や健康管理に活用しているのです。
サプリメントの先進国であるアメリカでは、30年以上昔から予防医療の概念が一般に定着しています。
そして、健康を維持するために、積極的にサプリメントを活用する習慣が確立されたのです。

 

 

日本の場合

 

日本でも本格的な高齢化社会を迎え、さらに健康に対する関心が高まってきています。
健康の維持や増進には、普段からの栄養バランスの取れた食事や生活習慣が欠かせません。

 

理想としては、日々の食事の中から必要な栄養素を摂ることが大事です。
しかし、現実的にはいつもの食生活だけで必須栄養素を摂るのは容易ではないでしょう。
その問題を解消してくれるのが、サプリメントなどの健康食品ということになります。

 

サプリメントという言葉は知っていても、実際に適切な摂取が出来ている方は多くはありません。
そこで求められるのが、消費者に対してサプリメントの選び方を教えてくれる人物です。

 

さらには、摂取方法などを適切に指導できるのが、アドバイザーなのです。
今後はさらに、正しい知識を携えたサプリメントアドバイザーの需要が高まっていくでしょう。